44c9136f


1 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:00:13.40 ID:9YmZBdk10HAPPY
放課後の部室


ガヤガヤ

絵里「あとはことりと海未が来れば揃うわね」

穂乃果「すぐ来るって言ってたから待ってるけど…。割と遅いね」

希「弓道部や保健委員も大変やね」

にこ「早く練習に行きたいわー」ソワソワ

真姫「張り切ってるわねー、にこちゃん」

にこ「当然よ! 一流アイドルになるには実践あるのみなんだから! ガンガン練習しないと!」

絵里「さすがにこね」

花陽「ほんとにね」

にこ「あーあ、早く来ないかしらー。こうしてる時間も勿体無いわー」ソワソワ

凛「気持ちはわかるけど、ちょっと落ち着きなさすぎじゃないかにゃー?」

ガチャッ

ことり「やんやん遅れましたあ~」

海未「おっと…。もうみんな準備万端ですね…。私たちもすぐに着替えます」

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん、お疲れー」

2 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:01:13.15 ID:9YmZBdk10HAPPY
にこ「もー、遅いわよー!」プンスカ

ことり「あはは…ごめんね?」

絵里「これで全員揃ったわね。海未たちの着替えが終わり次第、屋上に行くわよ」

穂乃果「はーい!」

にこ「やっとねー。早く練習したいわー…」

にこ「……」

にこ(……ん…?)ピクッ…

にこ(……おしっこしたい…)ソワソワ

穂乃果「ん? どしたのにこちゃん?」

にこ「えっと…その…」ソワソワ

にこ(今ならトイレ行ってもいいわよね…? 海未たちはまだ着替えてるし…)チラ…

海未「着替えました」

にこ(早っ)

3 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:02:24.81 ID:9YmZBdk10HAPPY
絵里「じゃ、時間も押してるし…早く行きましょう」

希「戸締まり忘れんようにね~」

凛「いっくにゃー!」ダッ

花陽「凛ちゃん待って~」

ゾロゾロ

にこ「あ…」

真姫「……? にこちゃん、なにぼーっとしてんのよ」

穂乃果「ついさっきまでやる気満々だったのに…。なんかあった?」

にこ「…ぅ…えっと…」

にこ「……」

にこ「……そ、そうね…。…早く行きましょ」

4 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:05:15.73 ID:9YmZBdk10HAPPY
~~

屋上

海未「じゃあ、まずはいつものように二人一組で柔軟をしてください」

ハーイ

にこ(まずい…。尿意のせいで全然集中できないわ…!)ソワソワ

にこ(今さらトイレに行きたいなんて言い出したら、練習の進行が止まっちゃうし…)

にこ(散々海未やことりを急かしたこともあって、ますます言い出しづらいわね…)

にこ(ここはなんとか我慢しなきゃ…!)

ことり「穂乃果ちゃん、一緒にペア組もっか?」

穂乃果「うんっ、そうだねー…」

穂乃果「……ん?」チラ…

にこ「うぐぐ…」モジモジ

穂乃果「にこちゃん…穂乃果のことじーっと見てどうしたの?」ヒョコッ

にこ「へっ!? いや、その…」

にこ(尿意が辛くてぼーっとしてた視線の先に、偶然あんたが居ただけなんだけど…)


5 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:07:10.21 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「…あ、もしかして…」 

にこ「!?」ギクリ 

穂乃果「穂乃果と組んで準備運動したいの?」 

にこ「へ…?」 

ことり「あ、そうだったんだあ~。じゃあ、ことりは他の人を探すよぉ」 

穂乃果「ごめんね、ことりちゃん…」 

ことり「いいよ別に! 最近は穂乃果ちゃんと組むことが多かったし…変化も必要だよね!」 

ことり「…じゃあ~…。…真姫ちゃん! ことりと一緒に柔軟やろう~?」タッ 

真姫「あら、珍しいわね…。…良いわよ、よろしくね」 

穂乃果「これでOKだね! …さて、張り切って柔軟やろう~!」 

にこ「あはは…。そうね…」 

7 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:08:28.35 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「まずは穂乃果が背中押すから…。にこちゃんは座っててね!」 

にこ「う、うん…」ペタン 

穂乃果「いくよー! えーい!」グイー 

にこ「くあっ…!?///」ビクン 

にこ(そ、そんな急に押されたら…お腹への負担が…!)プルプル 

穂乃果「どうー? 痛かったら言ってねー」 

にこ「い、痛くはないけどぉ…! もっと優しくぅ…!///」プルプル 

穂乃果「ほえ? わかった! ごめんねー…!」 

にこ「はあー…」フゥ… 

にこ(先が長いわね…) 

8 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:10:52.55 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

絵里「ワンツースリーフォー! ワンツースリーフォー!」パンパン 

花陽「うー…疲れてきましたあ…」ゼェゼェ 

希「はー、しんど…」 

にこ(あああ…! もう限界…!)アワワワ 

穂乃果「……?」ジーッ 

絵里「…こんなところかしらねー…」フゥー 

絵里「一旦休憩にしましょう。各自、トイレや水分補給を忘れないようにねー」 

ハーイ 

にこ(よし…! やっとトイレに行ける…!) 

にこ「う~トイレトイレ」ダッ 

穂乃果「……」チラ… 

9 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:12:03.13 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

タッタッタ 

にこ「はー、やっぱり練習前に行っとくべきだったわ…。辛かったー…」 

にこ「アイドルがお漏らしなんて…。かわいいかもしれないけど、やっちゃいけないことよねー…」 

にこ「…やば、あんまり急いで走ると漏れそう…」 

にこ「…ここまできて漏らすわけにいかないから、慎重に…」テクテク 

ダダダ… 

にこ「…ん…? 後ろから足音が…」クルッ… 

穂乃果「待ってよー! にこちゃーん!」ダキッ 

にこ「ひんっ!?///」ドキィ 

チョロ… 

にこ(あ) 

穂乃果「穂乃果と一緒におトイレ行こうよー!」ギュー 

にこ(や、やばい…! ちょっと漏れちゃった…!) 

にこ(…で、でも…まだパンツが湿った程度だから大丈夫…! 本格的には決壊してないから…急げば間に合う…!) 

10 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:15:58.21 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「ほ…のかぁ…!」プルプル 

穂乃果「?」 

にこ「も…漏れそうだから…! お願い…離して…! 急いでんのよぉ…!」ガクガク 

穂乃果「わー、たいへん! ごめんねー、引き止めちゃって!」パッ 

にこ「走ったら確実に漏れる…! 早歩きで進むしかないわ…!」ガクガク 

穂乃果「がんばって、にこちゃーん!」 

ヒョコヒョコ 

にこ「うぐぐ…!」 

にこ(トイレの場所が…とても遠く感じる…!) 

穂乃果「ファイトだよ!」 

にこ「あ…あと少し…!」 

にこ(でも…にこは負けないわ! アイドル魂に懸けて…!) 

ヒョコヒョコ 

11 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:17:57.07 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ(今のμ'sだって…! にこの、二年間もの長い苦難を乗り越えてこそあるんだから…!) 

穂乃果「がんばれー!」 

にこ(にこにーはパーフェクトなアイドルなんだから…!) 

にこ(お漏らしなんか…絶対、してたまるもんかぁ…!) 

ヨロ… 

にこ「…! やった…!」ゼェゼェ 

にこ「…や…やっとトイレに着いたわ…!」 

穂乃果「やったあー!」 

にこ「あは、あはは…! 良かったあ…」ハァ…ハァ… 

穂乃果「がんばったね、にこちゃん! おめでとおー!」ポンッ… 

にこ「あ」 

ジワ… 

穂乃果「ふぇ?」 

13 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:21:43.51 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「ぁ…?」 

チョロチョロチョロ… 

にこ「あ、あああっ…!? やだ…!?///」 

穂乃果「えっえっえっ…!?」 

チョロチョロチョロ… 

穂乃果「に、にこちゃ…!?」 

にこ「あ、ああああああ…!?///」チョロチョロチョロ… 

穂乃果「わああああ!? ごめんね!? にこちゃん…! ごめんね…!?///」オロオロ 

ポタ…ポタ… 

にこ「はぁ……あぅ…///」チョロ… 

穂乃果「…あ、あの…。…にこちゃ…」 

にこ「……ぐすっ…」 

穂乃果「!」ギクッ 

にこ「……うぇぇぇえん…! 穂乃果のばかあ…!」 

穂乃果「あわわわわ…!」ガタガタ 

穂乃果「…ご…ごめんなさーい…!」ウエーン 

15 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:26:00.79 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「ううう…! 穂乃果のせいなんだから…早くなんとかしなさいよお…!」グスグス 

穂乃果「え、えーとえーと…!」オロオロ 

穂乃果「…と、とりあえず、そこの個室の中に入ってて! 着替えを持ってくるから!」 

にこ「うん…」グスッ… 

穂乃果「床も濡れちゃってるけど…一応トイレの中だから…そっちは後回しでいいよね…」 

穂乃果「じゃ、行ってくるよー!」ダッ 

にこ「……」 

にこ「……はあ…最悪…」ガックリ 

にこ「……とりあえず、個室入っとこ…」トボトボ 

パタン… 

にこ「あーあ…。スカートも下着も…靴下までびしょびしょ…」ヌギヌギ 

にこ「…はぁ…。穂乃果のせいとはいえ…この歳になってお漏らしなんて…」 

にこ「……」 

にこ(…このタイミングで、誰か入ってきたりしないわよね…?)ドキドキ 

にこ(にこがやったとはバレなくても…床一面の黄色い水溜まりを見られたら…それだけで死ぬほど恥ずかしいわ…!) 

16 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:29:25.43 ID:9YmZBdk10HAPPY 
シーン… 

にこ(…ううう…! 一分でさえすごく長く感じる…!) 

にこ(穂乃果…早く帰ってきなさいよお…!) 

ギイィ… 

にこ「!」 

ヒタヒタ… 

にこ(誰か来た…) 

にこ(…静かね…。…床の水溜まりに驚かないってことは…穂乃果なの…?) 

ヒタ…ヒタ… 

にこ「……」ドキドキ… 

にこ(足音が…段々近づいてきて…) 

ピタッ… 

にこ(…止まった…) 

シーン… 

穂乃果「……にこちゃーん…?」ボソ… 

にこ「!」 

17 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:30:46.39 ID:9YmZBdk10HAPPY 
ガチャッ 

にこ「穂乃果っ…!」 

穂乃果「あっ! お待たせ! 着替え持ってきたよ…」 

にこ「は、早く入って…!」グイッ 

穂乃果「わっとと…!?」 

パタン… 

にこ「ふう…」 

穂乃果「…にこちゃん…?」 

にこ「今のところ、トイレには誰も来てないわ…」 

穂乃果「良かったね! んじゃあ早く着替えちゃおう!」 

にこ「そうねー…。…って、あ!」 

穂乃果「ん?」 

にこ「脱いだはいいけど、ぼーっとしてて…足とか拭くのを忘れてたわ…」 

にこ「…トイレットペーパー使うと、ぐしゃぐしゃになっちゃいそうだし…。どうしよ…」 

穂乃果「えへへ…大丈夫!」ゴソゴソ 

穂乃果「ちゃんと穂乃果がタオル持ってきたよ!」サッ 

にこ「…やるじゃない! ありがとう!」パアァ 

18 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:32:57.63 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「…って、これ…穂乃果の私物じゃあ…?」 

穂乃果「いいの! にこちゃんのためだもん!」 

にこ「穂乃果…///」ジーン… 

穂乃果「…じゃあ、拭いてあげるから…じっとしててね!」 

にこ「ほんとにありがと…。…早速おねが…」 

にこ「……えっ?」 

穂乃果「えっ?」キョトン 

にこ「…穂乃果が拭くの…?」 

穂乃果「…にこちゃん、さっき自分で言ったよね…?」 

穂乃果「穂乃果のせいなんだから…穂乃果がなんとかしなさい、って…」 

にこ「そ、それは…!」 

にこ「確かに言ったけど…着替えさえ持ってきてくれれば、後は別に…」 

穂乃果「いいの、気にしないで! 全部穂乃果がやってあげるから!」フキフキ 

にこ「ひゃっ…!?///」ビクンッ 

19 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:34:18.75 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「にこちゃんのおまたも、ちゃんと綺麗に拭かないと!」ゴシゴシ 

にこ「あっ、あああっ…!?/// そこ…ダメぇ…!///」ガクガク 

穂乃果「わわっ!? どしたの…!?」 

にこ「はぁ…はぁ…///」ゼェゼェ 

穂乃果「おーい、にこちゃーん…?」 

にこ「……えっと…その…」ハァ…ハァ… 

にこ「…お、おしっこする部分はデリケートなんだから…。軽々しく触らないでよね…」ハァ…ハァ… 

穂乃果「ご、ごめん…」シュン… 

にこ「あ…そんなに落ち込まなくてもいいのよ…!」 

穂乃果「…じゃあ、今度はふとももの方を拭くね!」フキフキ 

にこ「くっ…!///」ビクン 

穂乃果「丁寧に、丁寧に…」ゴシゴシ 

にこ「うあっ…はぅ…///」ビクビクッ 

にこ(くすぐったくて辛い…!) 

20 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:36:40.08 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「……ふうー…。こんなもんでいいかな?」 

にこ「……あ…ありがと…///」ゼェゼェ 

穂乃果「で、着替えがこれだよ!」バッ 

穂乃果「部室から、にこちゃんの体操着が入った鞄を取ってきたんだ!」 

にこ「ああ…今日体育があって助かったわ…」ゴソゴソ 

にこ「…さて、さっさと着替えてと…」 

にこ「……あれ?」ピタ… 

穂乃果「ん? 今度はなに?」 

にこ「…って! 下着の替えがないじゃない…! どーすんのよ…!」ガーン 

穂乃果「それも大丈夫だよ!」 

にこ「へ…?」 

穂乃果「ほら、これ…」ゴソ… 

穂乃果「穂乃果の替えのパンツ持ってきたから…使っていいよ!」パンパカパーンツ 

にこ「えええ…!?」 

21 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:38:27.46 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「予備のパンツを部室に置いといてよかった! 綺麗だから安心して!」 

にこ「ほ、穂乃果のパンツを私が履くの…!?」 

にこ(でも、パンツ履かないで過ごすわけにもいかないし…。これしか方法はないか…) 

にこ「……しょうがないわねー…」ヒョイ… 

穂乃果「ちょっと大きいかもしれないけどごめんね?」 

にこ(…穂乃果のパンツ…)ジーッ 

にこ(にこほどじゃないけど、なかなかかわいいの選んでるじゃない) 

にこ「……と、とりあえず履いてみるわね…!」 

にこ「……」スル… 

穂乃果「どう? 変じゃない?」 

にこ「……うん…。ちょっと緩いけど…。ジャージをきつめに履いて誤魔化すことにするわ」 

穂乃果「良かったあ~!」 

22 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:41:25.08 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「あっ! あとね…! にこちゃんの練習着やパンツも…穂乃果が責任を持って洗ってくるよ!」 

にこ「そう…? じゃあお願いしちゃおうかしら…」 

穂乃果「ちゃんと返すから、二日ぐらい待っててね!」 

穂乃果「…さてとー、あとは床を掃除すれば一安心かなー?」 

にこ「そうだったわね。…床掃除は私も手伝うわ…」 

にこ「……ん…? …そういえば…」 

にこ「私の体操着を部室から取ってきたってことは…」 

にこ「練習を始める前に部室には鍵をかけてきたわけだから…」 

穂乃果「うん! だから…」 

穂乃果「絵里ちゃんに言って…鍵を借りてきたよ!」 

にこ「」 

にこ(なんてこと…。それってつまり…) 

にこ(私がお漏らししたことが…もうみんなにバレてるかもしれないわけ…!?)ガクッ… 

穂乃果「にこちゃん!?」 

にこ(…私はこれから…おもらしにこにーって呼ばれて笑われるのかしら…)グスン… 

穂乃果「だ、大丈夫…!?」 

にこ(……はぁ…。ここからが本当の苦難ね…) 

23 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:44:13.48 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

屋上 

穂乃果「みんな、お待たせー!」タッ 

にこ「…心配かけたわね…」 

7人「!」 

にこ(はあ…。みんなにどんな顔して向き合えば…) 

真姫「あ…二人とも大丈夫…?」 

海未「にこ、災難でしたね…」 

にこ「……まあね…」 

にこ(はあ…。優しい言葉も、今の私には鋭く突き刺さるわ…) 

にこ(優しくしないでもう……嘘よ嘘よそんなの嘘…)ブツブツ 

凛「あははー、穂乃果ちゃんってば恥ずかしいにゃー!」アハハ 

にこ「……ん…?」 

花陽「ほ、穂乃果ちゃん…気にしちゃダメですよ? こんなこと言ってる凛ちゃんだって中学二年の時に…」 

凛「わー! それは内緒だにゃー!」アワワワ 

ことり「ことりは、お漏らししちゃう穂乃果ちゃんもかわいいと思うよ~♪」 

穂乃果「もおー、みんなひどいよおー!」アハハ 

にこ「…あれ…? なんか変…」 

24 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:45:16.78 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「なんで…お漏らししたのが…穂乃果ってことになってんの…?」 

穂乃果「あっ! えっと…それはね…」ヒソ… 

穂乃果「さっき着替えを取りに行くために、部室の鍵が必要だったから…一回屋上まで来たって言ったよね…?」 

穂乃果「その時にね…」 

穂乃果「穂乃果がお漏らしをして、にこちゃんがそれに巻き込まれちゃったーって…みんなには言ったんだ!」ニコッ 

にこ「…そんな…!」 

穂乃果「いーのこれで! その方がみんなも笑い飛ばせて…きっとすぐ忘れてくれるよ!」 

にこ「……ごめんね…ありがと…」ウル… 

穂乃果「いいってばー! 穂乃果のせいなんだから、これぐらい…」 

絵里「穂乃果…」ザッ… 

穂乃果「ん? 絵里ちゃん!」 

絵里「そんなにトイレを我慢してたのに…気づいてあげられなくてごめんね?」 

穂乃果「あははー…。穂乃果の方こそ言い出せなくてごめんね!」 

絵里「…みんなもこれからは…トイレや水分補給をしたかったら、いつでも遠慮なく申し出てね」 

絵里「じゃ、練習を再開するわよー。広告クリックお願いします」 

ハーイ 

25 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:47:43.48 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

絵里「そんなわけで今日の練習はこれで終わりよ。みんなお疲れ様!」 

オツカレサマー 

にこ(居心地悪いから…今日はさっさと帰ろっと…) 

にこ「…じゃあね、穂乃果」 

穂乃果「うん! また明日ー!」 

にこ「…今日はありがとね」ニコッ… 

穂乃果「ばいばーい!」フリフリ 

穂乃果「……」 

ことり「穂乃果ちゃん、帰ろう~♪」 

穂乃果「……」シーン 

ことり「? 穂乃果ちゃん?」 

穂乃果「……あっ、うん! そうだね! 帰ろう!」 

海未「どうしました? なにやら、ぼーっとしていましたが」 

穂乃果「な、なんでもないよ~!」アハハ… 

27 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:57:02.23 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

その夜 

穂乃果「……」コソコソ 

雪穂「ふあ~あ…暇だなあ」ゴロゴロ 

ほのママ「さーて、今日もラブライブ板にクソスレを立てるわよー」カタカタ 

ほのパパ「……」 

穂乃果「…よし、みんな居間でくつろいでる、今がチャンス!」ダッ 

ザッ… 

穂乃果「にこちゃんの練習着やパンツを洗わなきゃ…!」ゴソゴソ 

穂乃果「……」 

にこパンツ「」 

穂乃果「……」 

穂乃果「」クンクン… 

穂乃果「んー…」 

穂乃果「…おしっこの匂いが強くて、にこちゃんの匂いはあんまりしないなあ…」 

穂乃果「…はあ。洗って返すって約束しちゃったし…早く済まそっと」 

28 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:58:44.01 ID:9YmZBdk10HAPPY 
ザブザブ 

穂乃果「これからのワンダフォーラッシュ! ぼ~く~は~♪ かが~やき~を~て~にして~♪」ゴシゴシ 

穂乃果「はる~か~とお~い~みち~だけど~♪」 

穂乃果「……そう、きっと掴んで!」パンパカパーンツ 

にこパンツ「」 

穂乃果「よし! 綺麗になった! おしっこの匂いもとれたね!」クンクン 

穂乃果「隠して乾かさないといけないし…。渡せるのは明後日かな!」 

穂乃果「…あと…」 

穂乃果「…お土産も、用意していかなきゃね…!」フフフ… 

29 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 20:59:47.55 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

翌々日 

絵里「……というわけで、今日はこれで解散! みんな、気をつけて帰るのよー?」 

ハーイ 

にこ(さすがにあれ以来、お漏らしはしてないわ) 

にこ(このまま早く忘れたいけど…) 

にこ(…漏らした直接の原因が穂乃果だとはいえ、元々は私自身の責任なわけだし…) 

にこ(穂乃果に、もう一回ちゃんとお礼と謝罪を言っといた方が良いかしらね…) 

穂乃果「にこちゃんっ! ちょっと良い?」ヒソ… 

にこ「ん? 穂乃果…」 

穂乃果「練習着やパンツ、洗っといたから…。後で、にこちゃんのおうちまで返しに行くからね!」 

にこ「あー、そうだったわね…。私も、穂乃果に借りたパンツ返さなきゃね」 

穂乃果「んじゃ、また後で!」 

穂乃果「…お土産、持っていくから楽しみにしててね!」ニコッ… 

30 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:01:19.85 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

ピンポーン 

穂乃果「にこちゃーん! きたよー!」 

にこ「はいはい、今開けるわねー」ドタドタ 

ガチャッ… 

穂乃果「やっほー! にこちゃーん!」 

にこ「わざわざ来てくれてありがとね。ほら、上がって」 

穂乃果「はーい!」テクテク 

ここあ「あっ、穂乃果だ!」 

こころ「こんばんは!」 

穂乃果「やっほー! こころちゃん、ここあちゃん!」 

穂乃果「今日はねー、二人にもお土産持ってきたんだよ!」ゴソゴソ 

こころ「ふえ?」 

ここあ「なになにー?」 

穂乃果「はいっ! お饅頭! 仲良く分けてねー!」ドサッ 

ここあ「やったー! ありがとー!」ワーイ 

こころ「ありがとうございますー!」パアァ 

穂乃果「どういたしまして~♪」 

31 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:02:10.33 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「あら、こんなに沢山…。…いいの?」 

穂乃果「平気平気! にこちゃんもいっぱい食べてね!」 

にこ「もうすぐ夕飯だから…その後で頂くわ。ありがとね」 

穂乃果「うんっ! どうたしまして~♪」 

穂乃果「あと…にこちゃんにはねー…他のお土産も持ってきたんだよ!」 

にこ「えっ…?」 

穂乃果「ちょっとこっちきて」グイグイ 

にこ「な、なによ…」 

パタン… 

にこ「私の部屋…? …ここじゃないと渡せないものなの…?」 

穂乃果「うん…えへへ…」ゴソゴソ 

穂乃果「まずはこれ、練習着とパンツ…洗ってきたから返すね!」 

にこ「あー、そっか…。そうだったわね…」 

穂乃果「…それと…もう一つ! にこちゃんのために買ってきたのが…」ゴソッ… 

にこ「え? まだあるの? なにかしら…」 

穂乃果「…はい! どうぞ!」ドサッ 

穂乃果「おむつだよ!」ジャーン 

にこ「…は…?」 

32 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:04:53.80 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「妹たちももうそんな歳じゃないし…。新しく妹ができる予定もないから…必要ないんだけど…」 

穂乃果「ううん。…今から、にこちゃんには必要になるよ」 

にこ「え…? …な、なんでよ…?」ギクッ… 

穂乃果「穂乃果ね…にこちゃんがおしっこしてるところを見たいの」 

にこ「……」 

にこ「……え?」 

穂乃果「穂乃果にとってのにこちゃんは…」 

穂乃果「意地っ張りで、アイドルに関しては強い誇りを持ってて、いざという時には頼りになる先輩…」 

穂乃果「…なのに…」 

穂乃果「…あの時の、お漏らしの瞬間は…」 

穂乃果「あんなにも無防備で、頼りなくて、情けない…」 

穂乃果「…今まで見たこともない表情だったの…」 

穂乃果「にこちゃんがお漏らしする姿…とってもかわいかった…///」キュン… 

にこ「ななな…!? なに言ってんのよ…!?」 

33 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:05:59.26 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「また、にこちゃんがおしっこする姿を見たい…」 

穂乃果「それも、ただするんじゃダメ…。散々我慢して、溜まったおしっこを解放する瞬間の…にこちゃんの満足げで情けない表情が見てみたいの…!///」 

にこ「は…はああ…!?」ワナワナ 

穂乃果「だから…おねがぁい…」ウル… 

にこ「~~っ!」 

にこ「ダメダメダメ! そんなの絶対ダメぇ!」ブンブン 

穂乃果「やってくれないの…?」シュン… 

にこ「当たり前でしょ!? ふざけないでよ…!」 

穂乃果「ふざけてないよ…! 穂乃果は…にこちゃんのかわいい姿を見たいだけなのに…」 

穂乃果「……それでも、やってくれないんだったら…」スルッ… 

にこ「ふぇ…!?」 

穂乃果「……」ヌギヌギ 

にこ「ななな…!?/// なんであんたの方がスカート脱いでんのよ…!?」アワワワ 

34 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:06:31.27 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「んしょっと…」パサ… 

にこ「…あああ、パンツまで…!?///」 

にこ「一体どういうつもりよ…!?」オロオロ 

穂乃果「…穂乃果がおしっこするところも見せてあげる! これで平等だよね!」バーン 

にこ「はあああ…!?///」 

穂乃果「そうすればにこちゃんも…おしっこの良さに気づいてくれるかもしれない!」 

穂乃果「床におむつを敷いてと…。三枚重ねればさすがに大丈夫だよね…?」ヒョイ 

穂乃果「準備OK!」 

にこ「うそ…! ほんとにやるの…!?」 

穂乃果「…えへへ…/// このために…練習の前からおしっこ我慢してたんだ…///」モジモジ 

にこ「ば、馬鹿…! そんなことしなくていいから、早くトイレに…」ガタッ… 

穂乃果「…来ちゃダメだよ!」 

にこ「!?」ビクッ 

穂乃果「…おしっこの狙いが逸れて…にこちゃんの部屋の床にこぼれちゃうかもしれないよ…?」

にこ「くっ…! た、確かに…?」タジ… 

35 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:07:24.33 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「んっ…/// 出そう…」モジモジ 

にこ「……っ…!?///」ドキッ… 

穂乃果「ふっ…!」ピクッ… 

チョロチョロ… 

穂乃果「…ふわぁぁぁ…///」 

ショワァァァァァア… 

にこ「…にごぉ…」ボウゼン 

にこ(…ほんとに目の前でおしっこするなんて…) 

穂乃果「…ふう…ふぅ…///」ポタポタ 

穂乃果「……///」チラッ 

にこ「…!」ビクッ 

穂乃果「…さっ、次はにこちゃんの番だからね!」 

にこ「はあ…!? だーから、そんなことしないってのに…!」 

穂乃果「……」ジーッ… 

にこ「な…なによ…」ギクリ 

穂乃果「……次は、おむつ敷かないでおしっこしちゃおうかなあ…」ボソリ 

にこ「な…!? …ひ、卑怯よ!?」 

37 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:07:52.63 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「…じゃあ、どうすればいいか…わかるよね?」 

にこ「……くっ…!」 

にこ「…わ、わかったわよ…!」 

穂乃果「やったあー!」パアァ… 

穂乃果「ほらっ、早くおむつ履いて~!」 

穂乃果「穂乃果は生でおしっこしたけど、にこちゃんはおむつ履いたままやってくれてもいいからね!」 

にこ「…はあ…。…んじゃあ、履くから…その間後ろ向いててもらえる?」 

穂乃果「うんっ!」クルッ 

にこ「……」 

おむつ「」 

にこ(とりあえずスカートから脱ぐか…)スルッ 

パサ… 

にこ(……) 

にこ(……ていうか、せっかくお礼を言おうと思ってたってのに…。なんでこんなことになってんのよ…) 

にこ(なんで私が穂乃果にこんな指示されなきゃいけないわけ…?)イライラ 

39 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:09:28.27 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「……」チラ… 

穂乃果「にこちゃーん、まだー?」ソワソワ 

にこ(…穂乃果は後ろを向いてる…。……今が、チャンス…!) 

にこ「うん…。あとちょっと待ってねー…」ソローリ 

穂乃果「はやくはやくぅ~」 

にこ(部屋のドアは穂乃果が向いている方向にあるから、気づかれずに逃げるのは無理…) 

にこ(…と、なると…!) 

にこ「……なーんて、嘘よ!」バッ 

穂乃果「!?」 

にこ「つかまえちゃーう!」ガシッ 

穂乃果「ふぐっ…!?」ムググ 

にこ「なーんであんたのおしっこを見せられたからって、私も見せなきゃなんないのよー! 大人しくしなさい!」ギリギリ 

穂乃果「だ、騙したなあー!?」ジタバタ 

にこ(うまく羽交い締めにできたわ! あとはここから…!) 

にこ(……) 

にこ(……あれ?) 

にこ(……ここから…どうしよう…)ダラダラ 

40 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:10:49.93 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「はーなーしーてー!」ジタバタ 

にこ(穂乃果を締め落とせるほどの力はないし…) 

にこ(にこの家はここだから…適当に穂乃果を投げ飛ばして逃げたところでどうすんのって感じだし…) 

にこ(しかも、スカート脱いでパンツ丸出しの状態のまま掴みかかっちゃったし…) 

にこ(あれっ…? どうすればいいの…?)ダラダラ 

穂乃果「にこちゃんがぼーっとしてる、今がチャンス!」キッ 

穂乃果「うおおおー! 掴み抜けだよ!」スルリ 

にこ「あっ!? しまった…!」 

穂乃果「そしてにこちゃんのパンツをゲットー!」グイッ 

にこ「あああああああっ!?///」ニコプリッ 

穂乃果「えへへー! かわいいお尻が見えちゃったー!」 

穂乃果「さぁ、次はおしっこを見せてよ!」ジリジリ 

にこ「くうっ…!?///」 

にこ「パンツ返しなさい穂乃果あー!」ガシッ 

穂乃果「うわっ!? おっとっと…!?」グラッ 

にこ「へっ…!?」 

バターン 

41 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:11:31.03 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「…にごぉ…」 

穂乃果「いたたた…」 

にこ(……げっ…穂乃果の上に倒れこんじゃった…。顔が近い…) 

穂乃果「うーん…」クラクラ 

にこ(穂乃果の体が柔らかかったおかげで、あんまり痛くなかったわ) 

にこ(…って! そんなことより! 今のうちにパンツを取り返さないと…!)ハッ… 

穂乃果「にこちゃんつかまえたー!」ガシッ 

にこ「げっ!?」 

穂乃果「足でにこちゃんを押さえながら…。なんとか手を伸ばして、おむつを回収するよっ!」グググ 

にこ「ちょ、ちょっと…! 穂乃果のおしっこが、にこの太ももに擦り付けられてんだけど…!?///」ジタバタ 

穂乃果「ひゃああ!? …なっ、なになに!? 暴れないでよお~!///」ビクンッ 

ガチャッ 

こころ「お姉さま、お饅頭食べないんですかー?」 

ここあ「あとご飯まだー?」 

にこ「あ」 

こころ「あ」 

42 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:13:21.26 ID:9YmZBdk10HAPPY 
シーン… 

穂乃果「ん…?」ニコチャンダイシュキホールド 

にこ「…あれ…?」ホノマンニフトモモスリスリ 

こころ「…あ…///」 

ここあ「…?」 

にこ「あ…あ…/// これは…その…!」オロオロ 

こころ「お…お姉さまと穂乃果さんが…下半身丸出しで抱き合ってますぅ…!?///」カアァ… 

ここあ「もしかしてプロレスごっこ?」 

穂乃果「違うよー、ここあちゃん! 穂乃果はねぇ、にこちゃんのおしっこをかんさむぐっ」ガバッ 

にこ「あはははー! そう、プロレスごっこよ! 危ないから、あんたたちは部屋の外に行ってなさい!」 

穂乃果「むぐぐぐ」ジタバタ 

ここあ「えー!? 私もやりたーい!」 

こころ「…! ダメですよここあ! 一対一の真剣勝負を邪魔しちゃいけません!」 

ここあ「むむ、それもそっか!」 

こころ「失礼しました、お姉さま、穂乃果さん! …私たちには構わず、ごゆっくりー!」 

パタン… 

43 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:14:54.96 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「……」 

にこ「はぁ…」グッタリ 

穂乃果「……」 

穂乃果「あっそうだ!」 

にこ「なっ…!? なによびっくりしたわね…!」 

穂乃果「大事なこと忘れてたよ!」 

穂乃果「にこちゃん…そもそも、今おしっこしたい…?」 

にこ「へ…?」 

にこ「…いや別に…。…さっき穂乃果が来る前に済ませたし…」 

穂乃果「そっかー」 

穂乃果「じゃあ、にこちゃんのおしっこが溜まるまで待ってるね!」 

にこ「…え?」 

穂乃果「穂乃果は、限界までおしっこを我慢したにこちゃんが、解放される瞬間の姿を見たいの!」 

穂乃果「にこちゃんのおしっこを見届けるまで、穂乃果は帰らないからね!」 

にこ「……はあああ…?」ゲッソリ 

44 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:17:48.12 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

こころ「もぐもぐ、麻婆豆腐おいしいです」 

ここあ「おかわりー!」 

にこ「もう残ってないわよー?」 

ここあ「がーん」 

穂乃果「にこちゃんはやっぱりお料理上手だね~♪」 

にこ「ふふん、スーパーアイドルとしての嗜みよ。当然でしょ?」 

穂乃果「ところで、そろそろおしっこ出そう?」 

にこ「ぶっ!?」ブーッ 

ここあ「?」 

こころ「///」 

45 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:18:27.90 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「ななな…なんでこの話の流れでそんなセリフが出てくんのよー!」 

穂乃果「まだなの?」 

にこ「まだよまだ! あんたはしばらく黙ってなさい!」 

穂乃果「はーい」モグモグ 

ここあ「なんの話?」 

にこ「ぎくり」 

こころ「お姉さまはスーパーアイドルだから、おトイレなど行かないという話ですよ」 

ここあ「あっ、そっかぁ」 

にこ「そ、そうにこ(便乗)」 

穂乃果「~♪」モグモグ 

46 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:20:25.99 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

にこ「こころー、ここあー。お風呂入っちゃいなさーい」 

こころ「はーい!」トコトコ 

ここあ「わーい!」タタタ 

にこ「ふぅ…」 

穂乃果「お皿洗い終わったよー!」 

にこ「あー…ありがと、穂乃果」 

穂乃果「えへへ…♪」ニコニコ 

にこ「……」 

にこ「…まだ、私の尿意を待ってんの…?」 

穂乃果「当然だよ! にこちゃんのおしっこを見るまで帰らないって言ったじゃん!」キリリ 

にこ「……はぁーあ…。…もう勝手にしなさいよ…」ハァ… 

穂乃果「ほんと!? やったあー!」 

47 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:21:07.53 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「あっ! さっき思ったんだけど…。床におむつ敷くよりも…お風呂でおしっこした方が、後片付けとかも楽かもしれない!」 

穂乃果「後で、穂乃果と一緒にお風呂入ろうねっ!」ナデナデ 

にこ「はいはい…」 

穂乃果「まあとりあえず、それまではくつろごっか!」 

穂乃果「にこちゃん、お饅頭食べる? …はい、あ~ん♪」ヒョイ 

にこ「あー、ありがと…」 

パクッ 

穂乃果「どう? おいしい?」ニコニコ 

にこ「うん、おいしいにこー」 

穂乃果「良かったあー! えへへ、嬉しいなあー!」ギュー 

にこ「あはは…」 

にこ(…なにこれ) 

にこ(なんか段々、子供扱いされてきてるような…) 

48 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:29:03.87 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

こころ「じゃあおやすみなさい、お姉さま、穂乃果さん!」ペコリ 

ここあ「お姉ちゃん達はまだお風呂入んないの?」 

にこ「あ、ああうん…。そろそろ入ろうと思ってたとこよ…」 

ここあ「ふーん…」 

穂乃果「二人ともおやすみー!」 

ここあ「…ふわーあ…。おやすみー」トコトコ 

にこ「はーい、おやすみー。にっこにっこにー」ニコー 

シーン… 

穂乃果「……」 

にこ「……」 

穂乃果「…おしっこ、溜まった?」 

にこ「……そこそこね…」 

にこ「出そうと思えば出せるけど…。我慢の限界ってほどじゃないわね」 

穂乃果「わかった! …んじゃあお風呂行こっか!」 

にこ「え? もう行くの?」 

穂乃果「うん! …あとは、お風呂場の中でじっくり待つよ!」 

49 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:32:22.79 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

脱衣所 

穂乃果「さあだから~♪ キミも~♪ 解放しなくっちゃ~♪」ヌギヌギ 

にこ「……」ヌギヌギ 

にこ(…なんで穂乃果は、こんなににこのおしっこを見たがるのかしら…) 

にこ(にこがおしっこしてる姿がかわいい、って言われても…。素直に喜んで良いのか怪しいわね…)ハァ… 

穂乃果「よーし、レッツゴー!」ガチャ 

にこ「はいはい」テクテク 

パタン… 

にこ「…さて、と…」 

にこ「まだおしっこはしちゃいけないんだっけ?」 

穂乃果「うん! まずは…」ピト… 

にこ「ひゃんっ…!?///」ドキィ 

にこ「…なっ、なんでくっついてくんのよお…!?///」 

穂乃果「ふっふっふ~♪」ギュー 

穂乃果「おしっこを我慢してるにこちゃんを、たっぷり堪能させてもらうよっ!」ムニィ… 

にこ(ううう…/// 穂乃果の体の柔らかい感触が、直に伝わってくる…///) 

50 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:33:28.42 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「にこちゃんのおなか、つんつんしちゃお~♪」ツンツン 

にこ「ふにゃっ…!?///」ビクン 

穂乃果「あはぁ…♪ いい反応…!」ツンツンツン 

にこ「やっ、やだぁ…!///」ビクッ… 

穂乃果「にこちゃんはおへそも綺麗だね~♪」ツツツ… 

にこ「んぐっ…!?///」 

にこ(やば…! 力抜けちゃう…!///)ガクガク 

穂乃果「…はいストップ!」ピタッ… 

にこ「ふぇ…!?///」ハァ…ハァ… 

穂乃果「まだおしっこは出しちゃダメだからね~?」ニコニコ 

にこ「ひ、ひどいにこぉ…///」ゼェゼェ 

穂乃果「ごめんね…? …でも…」 

穂乃果「…にこちゃんがかわいいから…いじめたくなっちゃうの…///」ギュッ… 

にこ「!」 

穂乃果「にこちゃん…あったかい…///」ギュー 

にこ(後ろから思いっきり抱きしめられてる…) 

51 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:34:18.79 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「……♪」モギュー 

にこ「……」 

にこ(…だ、抱きしめるだけ…? 今度はなにもしないの…?) 

穂乃果「にこちゃーん…///」モギュー 

にこ「……」 

にこ(…穂乃果の胸が、思いっきり背中に押し付けられてる…) 

にこ(…そして…) 

穂乃果「ふふ…/// にこちゃーん…///」 

フゥー…フゥー… 

にこ(…静寂の中で、穂乃果の吐息と…) 

ドキン…ドキン… 

にこ(…穂乃果の心音だけが、はっきり聞こえるわ…) 

穂乃果「……♪」ギュー 

にこ(…穂乃果の腕に包み込まれて…。…落ち着くような、緊張するような…不思議な感覚…) 

にこ(…いつまで耐えればいいのかしら…) 

52 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:36:49.03 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ「……」 

にこ「……んっ…?」ピクッ… 

にこ(……あ…。……尿意…)ソワソワ 

にこ「…穂乃果ー? …そろそろ、おしっこしたいんだけど…」 

穂乃果「……」ギュー 

にこ「…穂乃果っ…? 聞いてんの…?」 

穂乃果「聞いてるよー…?」 

穂乃果「…もうちょっとだけ、待っててね~♪」 

にこ「うう…///」 

穂乃果「…にこちゃんの、おなかも…おっぱいも…綺麗…♪」ツツツ… 

にこ「んひぃっ…!?///」ビクン 

穂乃果「にこちゃんのおっぱい、かわいいよぉ…///」モミモミ 

にこ「ちょ、ちょっとぉ…!?/// なんでおしっこの話だったのに胸を触ってんのよぉ…///」 

穂乃果「ごめんね…? …にこちゃんが、かわいいから…///」ツンッ… 

にこ「んくっ…!?///」 

穂乃果「…先っぽ、震えててかわいい…///」クリクリ… 

にこ「ぅあああああっ…!?///」ビクンッ 

53 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:38:17.85 ID:9YmZBdk10HAPPY 
にこ(頭がぼーっとする…。…なにも考えられない…///)クラクラ 

にこ「……も、もう無理ぃ…!///」ハァ…ハァ… 

穂乃果「そろそろ良いかな~…」 

にこ「…出して…良いの…?」ウル… 

穂乃果「うんっ! よくがんばったね!」ナデナデ 

にこ「にこぉ…///」 

穂乃果「はーい、こっち向いて脚開いて~♪」 

にこ「うぅ…///」ススッ… 

穂乃果「ふふっ…♪ にこちゃんのおまた、相変わらずつるつるで綺麗だね!」スリスリ 

にこ「ひゃ…!?/// や、やめっ…///」ビクンッ 

穂乃果「穂乃果がしっかり見届けてあげるから…。思いっきりおしっこ出しちゃっていいよ!」 

にこ「うぅ…///」ハァ…ハァ… 

54 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:38:48.96 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「わくわく」 

にこ「くっ…!///」ビクン 

チョロ… 

にこ「ふぐぅぅっ…!///」 

穂乃果「きたっ…!」 

チョロチョロチョロ… 

にこ「んっ…はぁぁぁぁぁあんっ…!///」 

ショワァァァァァア… 

穂乃果「…わぁ…! やっぱり素敵ー!///」キュンキュン 

にこ「ほ、ほのかにぃ…にこのおしっこ見られちゃってるぅ…///」カアァ… 

ポタ…ポタ… 

にこ「……ふにゃあああ…///」トロォ… 

穂乃果「…あはぁ…/// …その顔! すっごくかわいいよおー!///」ギュー 

にこ「はう…///」 

55 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:39:21.43 ID:9YmZBdk10HAPPY 
穂乃果「えへへ~…♪ にこちゃあん…/// 大好き…///」ナデナデ 

にこ(…なんだろ…。この感じ…) 

にこ(おしっこを目の前でじっくり見られたってのに…) 

にこ(その恥ずかしさでさえも…快感や解放感に変わっちゃってる…///) 

にこ(おしっこをすることが、こんなに気持ち良いなんて…///)ドキン… 

穂乃果「穂乃果は満足したよ! にこちゃん、ありがとう!」ナデナデ 

にこ「…ふわ…/// …そ、それは良かったわね…!」 

穂乃果「……また、明日も…よろしくね!」ニッコリ 

にこ「……」 

にこ「……ん?」 

56 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:45:39.01 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

後日の部活中 

絵里「はい、じゃあ一旦休憩にしましょう。各自、お手洗いや水分補給をしっかりしてねー」 

ハーイ 

凛「うートイレトイレ」スタスタ 

希「ウチも行っとこ」テクテク 

穂乃果「……」チラ… 

にこ「……」 

にこ(…穂乃果のために、トイレは我慢我慢…) 

穂乃果「ふふ…///」ニコッ 

にこ(おしっこを溜めに溜めてから一気に出す爽快感と…それを穂乃果に見られるっていう恥ずかしさ…) 

にこ(にこの方も、病み付きになっちゃった…///) 

にこ「……でも」 

にこ「我慢してる間は、やっぱりつらいわねー…///」モジモジ 

57 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:46:07.66 ID:9YmZBdk10HAPPY 
真姫「どうしたの、にこちゃん? なんか様子が変だけど」 

にこ「うぇ!? …いや、別に…。なんでもないわ!」 

真姫「そう…? …おトイレ行きたいとかじゃなくて?」 

にこ「うっ」ギクリ 

真姫「おしっこを我慢しすぎると、膀胱炎になりやすいっていうから気をつけてね」 

にこ「……にごぉ…」ガーン… 

穂乃果「……」 

にこ「……え、えーと…」チラ… 

穂乃果「…にこちゃんっ! おトイレ行こう!」 

にこ「えっ…?」 

穂乃果「ほら、早くー! 休憩時間終わっちゃうよー!」グイッ 

にこ「わっとっと…!?」 

真姫「…やれやれ」 

58 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:47:01.67 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

パタン… 

にこ「…どうしたのよいきなり…」 

穂乃果「……ごめんね、にこちゃん…。穂乃果のわがままで、体に悪いことさせちゃって…」 

にこ「?」 

穂乃果「…これからは、おトイレ我慢禁止! …穂乃果の自己満足よりも、にこちゃんの健康の方が大事だもんね!」 

にこ「…いいの…?」 

穂乃果「うん! それにね…気づいたんだ!」 

穂乃果「…にこちゃんが穂乃果に、おまたやおっぱいを撫でられてた時の表情も…。おしっこを出してる瞬間の顔と、変わらずかわいかったって…」 

穂乃果「…これからは、無理しないで、一緒におトイレしようね!」ニコッ… 

にこ「もう…///」 

にこ「……///」モジモジ 

にこ「あ、あのね…///」 

穂乃果「ん?」 

にこ「……にこのおしっこでよければ…」 

にこ「…これからも、いつだって見せてあげても…いいわよ…?///」カアァ… 

穂乃果「にこちゃん…///」 

59 :名無しで叶える物語 2015/11/20(金) 21:47:34.76 ID:9YmZBdk10HAPPY 
~~ 

ニコチャンノオシッコカワイイヨオー/// 
ハズカシイニコオー…/// 


その両隣の個室 

凛(……)チョロロロ 

希(……)フキフキ 

凛(隣の個室で、やばい会話が成されてるにゃ) 

希(便所飯より気まずいやん) 


おわり